グラビアアイドル・モデル撮影会のグラ☆スタ!ブログ

ゴールデンウィーク

世の中はゴールデンウィークなんですな。
私は29日の撮影会が終わったら、5/18の撮影会まで
若干充電モードに入ります。

もちろん、ブログ更新しないわけではありませんし、
6月のブッキングも進めていきますよ。

溜め込んでしまった撮影会レポートのための写真整理も
したいし、グラ☆スタ!にとって画期的なプロジェクトも
立ち上げたいと考えていて、少し原点に立ち返るための
気分転換をしたいところです。

早いものでグラ☆スタ!も第1回から9ヶ月近くになりまして、
単発でスタジオを借りていた創生期、
NAGOMIという一風変わった場所で過ごした昨年暮れ、
そして、寒さ対策に東奔西走した早稲田スタジオ初期、
と想い出もめぐりますが、
日々新しい魅力的な女の子を捜しつつ、
多々ある撮影会イベントの中で、女の子の事務所にも
お客さんにも喜んで頂ける場所にすべく、
頭を悩ませております。

ファンミーティングも目新しいと思って頂けてるうちは
華ですが、どんどん画期的なことを見つけていきたいです。

お客さん向けのサービスも何らか考えていきたいと思いつつ
時間だけが過ぎているので、その辺も含めて考えます。

とりあえず、今から神代清美ちゃんのナイト撮影会、
明日は吉川このみちゃんと古俣未希ちゃんの撮影会に
全力投球しまっす。
LINEで送る

いよっ、いぶし銀! 平田弥里は素敵だ!

平田弥里ちゃんの写真集発売イベントに行った。


3月のDVD発売イベントの時にこの写真集の告知をしていて、
何の勢いか「4冊買います」と約束してしまったので、
3冊券と1冊券を手に会場へ。

以前から弥里ちゃんのイベントではご一緒することが多かった
某TプロのHさんやSさんも会場で遭遇し、終わった後にオフ会と
ばかりにお茶して、「平田弥里同好会」を今更結成。

いやはや、でもサインのときの好きな言葉で「いぶし銀」と書く
弥里ちゃんは素敵です。同日公開の映画「砂時計」では、実は
ほんの一瞬だけ出演しているのですが、今後は一瞬ではなく、
どんどんいぶし銀の輝きを放ってほしいです。

それにしても、握手の時に弥里ちゃんったら、何故だか
「またあとで」
って言ってたんだけど、「あとで」って何だろう?
別件があってイベント終了までいられなかったんで、真相は
藪のままなんですが・・・
LINEで送る

なかなか気持ちは伝わらない

どうも思い通りに事が運ばない。

それは、思い通りの「思い」に問題があるのか、
「運ばせ方」に問題があるのか、
はたまたその両方か。

「何かが違う」と思うときの「何か」って?

でもどこかで、うまくいかなかったり、違ったり
という結果の絵図は、イメージできてたのに、
そうならないと勝手に思っていただけでは?

・・・てことは、実は「思い通り」だったりして。

想像がつかなかったわけでなく、
想像したけどそうなりたくなかっただけ、なのか。

まだまだ努力が足りないんだ、きっと。

気持ちは、伝わらないのではなく、
伝えきれていないのだろう。

一万光年離れた星の光は、
放たれてから、一万年を経て、私たちの目に届く。
何の迷いもなく、まっすぐに進んでも、
時を埋めることができない「距離」がそこにはある。

人と人との距離は、近いようで遠いに違いない。

相手を近づける強引さよりも、
自らが近づいていく謙虚さと誠意を持とう。

相手に逃げられたら、どんどん距離は離れていく。
恐らく、二度と出逢えないかもしれないくらいに。

そう思って、自分がまっすぐでいられるように
誇りを持って生きよう。

・・・マンモス☆南、苦悩中です。
LINEで送る

謙虚にキャリアを崇拝する

今日は人生の先輩方(多分。人は見た目にはよらないが)と話す機会が
あり、片や、グラ☆スタ!に何回か出ていただいたコの事務所の社長、
こなた、これからグラ☆スタ!に出て頂きたいコの事務所の社長・・・
片や、「グラ☆スタ!はこうあるべきでは?」という話、
こなた、「新人のコでどうやって集客していくか」という話。

当然私よりも業界経験が長い方に、考えを語って頂くと、非常にために
なるというか、感心している場合ではなく、実践しないといけないなと
いうプレッシャーを感じる。

撮影会を、ひとときの思い出作りにすることはもちろん、
実質的に、出演したコたちが成長できる機会を創出するのが
私の理想であり、務めであると思う。

いろんな方々と会うと、当然いろんな方々がいらっしゃる。
私もそうやって見られている。
価値観やモノサシは違うにしても、
常に誰かを計り、誰かに計られている。
それが競争で、競争があるからこそ成長がある。

グラ☆スタ!も、たかが半年やったぐらいでは、
大して誇れるものはない。
ただ、誇れるものが何もないわけではない。

そして、その誇りや、得た経験や、抱えた思いを、
理想を実現するためのパワーにしていくことが、
目標ではなく、義務だと。

誰かとの勝ち負けではなく、
先輩方に追いつく追い越すの話でもなく、
自分が何を実現するか・・・それ以上でも以下でもない。

そう感じた日でした。

追記:5月の撮影会を告知開始しました。あと1回ぐらい
   増えるかもしれません。
   引き続き宜しくお願いします。
LINEで送る

「くいだおれ」閉店に思う

大阪の「くいだおれ」が7月に閉店するニュースが流れた。
最近は大阪に行くことも少なくなったが、数年前は月イチぐらいで
行ってた頃もあり、何となく物悲しい気分だ。

関東人の私にとっては、大阪はとにかく食べ物が美味しいというか、
大阪でしか食べられないものが多いので、非常に憧れが強い。
ただ「くいだおれ」の店は、人形は見たことはあるものの、食事を
したことはなかった。

戦後の復興の象徴として捉える人々も多く、
逆に昨今の衰退は「時代の流れ」と、現実を受け止める向きもある。

創業者の遺志で「支店を出さない」「家族経営を守る」「看板人形
を大事にする」というポリシーを守り続けてきたが、もしかして、
それがアダになったのだろうか。

最近「分相応」という言葉を自らに言い聞かせている私にとって、
ポリシーや伝統を守るということは、ある意味同じスジだと思って
いたのだが、ある種の「こだわり」が、顧客のニーズからずれて
いくことに無自覚になってしまう結果を生むのだろうか。

そしてそれを「時流」という言葉で片づけてしまうのだろうか。

守るべきものと、新しくしていくこと・・・客商売は悩みが尽きない。


↑2001年11月に撮った道頓堀の写真
LINEで送る

 | HOME |  »

グラ☆スタ!公式サイト
グラ☆スタ!公式サイト

グラ☆スタ!撮影会情報

2013年12月14日(
倉持由香・布施祥恵 撮影会

2013年12月15日(
橘 沙奈・吉田早希 撮影会

2013年12月23日(
千葉夏実・桃瀬まいみ 撮影会

2013年12月28日(
加藤シーナ・りゅうあ 撮影会

2013年12月29日(
藍澤慶子・太田友里恵 撮影会

スペシャルイベント情報

2013年12月19日(木)
ポテ少菊地の屋根裏部屋 第10回

2013年12月21日(
グラ☆スタ!バンバンXmasパーティー2013in赤坂

2013年12月22日(
GFC(グラ☆スタ!フットサルクラブ) 第12回イベント

2013年12月26日(木)
倉持由香と一緒に焼肉忘年会

ナイト撮影会情報

準備中

詳しくはグラ☆スタ!公式サイトへ

Calendar

03 | 2008-04 | 05
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Appendix

マンモス☆南

マンモス☆南

グラ☆スタ!主宰。アイドルウォッチャー歴30年超。ギョーカイをかじりつつ、未来の大女優を捜し続ける。

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks